婚活に失敗するアラフォー女性の特徴

アラフォー女性の婚活にとって、気になってくることの一つが「出産するかしないか」という点だと思います。今までは「結婚したら子供も考えている」とどこか軽く言えた言葉も、だんだん重みを増してきて、当然それも先方に伝わってきます。今後も仕事も続け、責任のある地位で活躍する予定などあるのであれば、「作らない人生」も頭に描いているかもしれません。

ですが、「なんとなくえり好みしているうちにこの年になった」という人はどこかでまだ「友達のようにいい人と結婚して、さっさと妊娠出産したい」という「巻き返したい気持ち」が隠し切れず、それが重しとなって男性にのしかかっている可能性があります。

そして、アラフォー女性に多いのが「生活レベルがいつの間にかあがってしまった」ことでの「相手に求める生活力の高さ」です。長いこと社会に出ている彼女たちにとって、男性の役職や職種でどれくらい稼いでいるのかなどはだいたい検討がついてしまいます。

それによって、自分の現在使っているお金をその人が賄えるかどうかといったことも査定に入ってしまい「どんな人でもいい」と口で言いつつも、実際のところかなり窓口が狭くなってしまっているのも大いに考えられます。自分を磨くことは素晴らしいことですが、その技が熟練に達してしまった故、でてきてしまう悩みともいえるのではないでしょうか。

また、アラフォー世代には早くも「離婚した友人が何人かでてくる」という場面もでてきます。友人たちは甘くない結婚生活を生々しく語り、疲れ切った生活を目の前に見せてきます。まだ自分はその生活になったわけでなくても、リアルな結婚の嫌な面を目にすることで「こんな目に合うくらいだったら適当な相手と結婚なんてしないほうがまし」という、自分が結婚しないことの理由付けがさらにうまくなってしまうことも起こりうる様です。

この世代は本当に知識と経験が兼ね備わってきています。それが生活していくことでは良いこともたくさんあるのですが、こと婚活ということになると…邪魔になってしまう場合が出てくることも現実なのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク